レンタルドレスを利用する際に事前に確認しておきたい事

結婚式やパーティ等でドレスを着て出席した経験がある方は、ドレスのレンタルを選択した人もいるかと思います。価格としては1着6,000円から10,000円程で、バッグ等の小物に関しては5,000円程でレンタルが可能です。期間としては最長で1週間程ですが、忙しい繁忙期になると数日の短期でのレンタルになる可能性もあります。ウエディングドレスのレンタルになるとブランドのドレスレンタルか主流になるので数万円から十数万円の価格となり、結婚式場の価格とは大きく差が出てきます。ウエディングドレスに関しては一生に一度の事なので購入を考慮している方が多いですが、それ以外でのドレスを着用する機会は少ないので着用後の維持費を考えるとレンタルした方が経済的ともいえます。ですが、レンタルする際に注意する点がいくつかあるので事前に調べておくことが大切です。

レンタル前の試着は無料で出来るのか

ドレスのレンタルの際、気になって来るのか自分に似合うのか、実際の着心地はどうなのかという点です。試着に関しては無料でしている店舗もありますが、WEBサイトにて掲載しているドレスレンタル店は試着が有料の店舗が多くその分割引のプランもあるので上手く利用していく事が重要です。試着したいドレスが来店したタイミングにレンタルされている事もあるので、事前に来店する時間帯を予約しておくか担当者に伝えて置くとスムーズに試着が出来ます。店舗でのレンタル品の受け渡しに料金はかかりませんが、WEBサイトで注文した場合は往復の送料がかかる店舗もあるので料金と共にご利用希望日から何日前に到着するか確認しておく事も重要です。WEBサイトでの注文でもご自宅近くの店舗にて受け渡しできる店舗もあります。

ドレスをレンタル中に守らなければいけない事

ドレスの返却後は別の人がレンタルするというシステムなので、着用中の注意事項が店舗ごとにあります。クリーニングで一番取りにくい香水の使用の制限、空調が効いた会場では汗をかきがちな為ドレスの下にキャミソールの着用規定、小物のバッグや靴等は会場のみの利用制限、など次にレンタルする人に考慮された注意事項があります。そして一番大事なのがレンタルした商品に汚れや傷、破損が生じた場合は現状のまま返送するなど、店舗に添った対応事項がある事です。汚れや破損には出来るだけ気を付けなければいけませんが、何か予測できない事態があった際に適切に対応できる様に、着用する当日までには破損等の対応事項も調べて置くことが重要だといえます。通常のクリーニングで取れない大きな汚れや破損があった場合は修理代等の請求が生じる可能性もあるので、ドレスのレンタルの際には十分に扱いに気を使いながら着用するように心がけましょう。