レンタルドレスを利用する際の相場について

結婚式のウェディングドレスなど、購入すると高額だったり着る機会も少ないと考えているのなら、ドレスをレンタルすることを検討してみるのはどうでしょう。ドレスをレンタルすれば、必要なときだけ着ることができその後の置き場所に悩むこともありません。しかし、多くの方がドレスをレンタルする機会は少なく、ドレスをレンタルする場合にかかるコストはどれくらいなのか、相場はどれくらいなのかなどを詳しく知っているということは多くはないでしょう。では、ドレスをレンタルする際のコストの相場はどれくらいなのでしょう。ドレスの種類にもよりますが、ドレスのレンタル料として一番多い割合が20万円から30万円くらいとなっています。ドレスをレンタルするときには、この金額を参考にするといいでしょう。

ドレスのレンタルはどれくらい前にするべき?

ウェディングドレスなど、ドレスはどれくらい前にレンタルをすればいいのでしょう。ウェディング用のドレスの場合、挙式を予定している6か月前には結婚式を予定している結婚式場やショップを訪れ、ドレスの試着をしてみましょう。結婚式場の場合、ブライダルフェアや式場の見学もできるので、そのときにドレスを見ていくといいでしょう。また、一度の見学や試着でドレスを決めていくのではなく、挙式の3か月前までは何度も足を運んでいろんなドレスを試着するといいでしょう。以前にはなかったドレスを見ることができることもあるので、気になったドレスは試着を重ねていきましょう。挙式の1ヶ月前には最終フィッティングを行います。そのときには、サイズのチェックのほかに、アクセサリーなどの小物も一緒に身に着けて、どのドレスをレンタルするのかを決めるようにするといいでしょう。

ドレスをレンタルするときの注意点とは?

ドレスをレンタルするときの注意点とは、どういった点でしょうか。まず、レンタルショップや式場に行く前に、事前予約をしておきましょう。いきなり結婚式場やショップに行っても、既に予約でいっぱいという状態であれば、無駄足になることがあります。また、ドレスを試着する前にどのようなタイプのドレスが着たいのかイメージしておきましょう。式場やショップには数多くのドレスがあり、その中から一から選ぶのは時間もかかってしまいます。先にドレスのイメージと予約を忘れないようにしましょう。2つ目の注意点は、ドレスのレンタル期間の確認です。ウェディング用のドレスなどは、一般的に挙式の翌日に返却しなければなりません。返却期間や遅れる場合の延滞料金なども忘れないように確認しましょう。また式場以外でレンタルする場合は、持ち込み料金がかかるのかも確認しておくといいでしょう。