レンタルしたドレスのお手入れ方法

結婚式などのイベントごとがあるときにドレスをレンタルして参加することがあると思います。気軽にレンタルしていけることが魅力的なドレスなのですが、自分のものではないので着用時に注意しておくべきポイントというのも存在します。そこで、まずは自分でも簡単に手入れできる方法を知っておきましょう。そうすれば問題なく綺麗な状態で返却まで済ますことができます。基本的にはレンタルしたドレスはお手入れをする必要はありません。レンタルショップ側がクリーニングなどの対応をするので、クリーニングへ出してから返却をする必要もないのです。しかし、当然レンタルしたものなので最低限のことは守りましょう。シワは伸ばしておくことや、ひどい汚れが付着しないよう大切に着用することも重要になってくるのです。

ドレスを選ぶ際の注意点を覚えておこう

レンタルショップに用意されているドレスというのは、基本的にトレンドを取り入れたデザインになっているものがほとんどです。そのため、どれをレンタルしようか迷ってしまう方も多いと思いますが、自分が参加するイベントなどによってはマナー違反になってしまうドレスのデザインというのもあります。結婚式では白色のドレスを避けるなど、あらかじめ知識を有しておけばそのようなトラブルを回避できるのです。そのうえでマナーに反していない綺麗なドレスをレンタルできると自分も他の参加者の人たちも気兼ねなく楽しめることでしょう。また、自分でマナーの知識を有していなくても、レンタルショップの店員さんに聞けばマナーについて知っている方も多いので、何に参加するのか話してドレスを選んでもらうというのも一つの手になります。

ドレスをレンタルすることのメリット

ドレスをレンタルすることのメリットは、ただトレンドを取り入れたドレスを着ることができるだけではないのです。トレンドのほかに大きなメリットとしては自分の体型に適したものを選べるということがあります。例えば妊娠中で体型が変わっている方で、今まで持っていたドレスを着られないというときに気軽に利用することができるのです。このようにドレスをレンタルすることは便利な面が強くあります。また、レンタル期間もお店によって異なるので事前にチェックしておくと良いでしょう。数日間のレンタルから数週間のレンタルまで店舗によって期間はさまざまなので、自分のレンタル目的に合わせてちょうど良い期間を指定してドレスをレンタルすることが可能です。まずは気軽に店員さんに相談すると安心してドレスをレンタルできるでしょう。

他社様とは違い手書きやイラストなどを使い、暖かさ・身近さ・安心感・丁寧さ・親密さを大切にしています。 ドレスも送料も全国一律料金でわかりやすいサービス体系です。 ちょっとした機会に着て行くワンピース、ドレスは、購入すると3万~5万円かかってしまいます。 利用時のアンケートに記入で200ポイント贈呈(次回利用の際に200円分として使用可) ご利用者8万人超、商品レビュー3.5万件! レンタルドレスをお探しの方へ