いろいろながん治療の方法

がんと言う病気は日本人だけでなく、外国人も含め死亡原因となる病気の中ではトップの病気になります。この病気になると治療方法は大きく3つあります。1つは、外科的な手術で癌細胞を摘出する方法、2つ目は薬を投与する化学療法、3つ目は放射線を癌細胞に照射して癌細胞を小さくする放射線療法があります。この3つの方法をそれぞれ単独で行うケースもありますが、3つのうち2つを組み合わせてがん治療をするケースが一般的です。また、最近では第4、第5の治療方法として、免疫療法、粒子線治療が行われたりします。しかし、この2つの方法は公的な保険の適用外となりますのでかかる費用は自己負担となります。早期発見でしたら、外科的な手術がベストですが、手術ができない部分もありますのでそのときは投薬治療、放射線治療などを行ったりします。

がん治療の方法と加入する保険

がん治療は外科的な手術による癌細胞の摘出、投薬治療、放射線治療が一般的です。これらの方法でしたら、公的な保険の適用範囲になります。公的な保険の適用範囲ですが、免疫療法、粒子線治療があります。この2つの方法は公的な保険の適用範囲外となりますので、費用は自己負担となります。公的な保険の適用範囲内だといってもがん治療には入院もしますのでお金がかかります。一般的には公的保険以外に、民間の医療保険、がん保険にかかっておりますので費用負担が少なくて済みます。しかし、公的保険の適用外となると数百万円がかかりますので、がん保険以外にも、先進医療特約に加入することをお勧めします。そうすると数百万円でも大丈夫です。がん治療はお金もかかります。医療保険、がん保険の加入はもちろんですが、先進医療特約にも加入するといいでしょう。

入院しないがん治療と今後の期待

がん治療は、入院という手段を選ばずに通院しながらでも可能です。そうやって放射線治療のみを受けて経過観察しながら、社会で活躍している方が沢山いらっしゃいます。好きでやっているお仕事なら苦にはならないでしょうし、病気への影響も無理さえしなければ心配ないと思われます。ただ、がんの進行度によってこの治療方法が選べるかが決まります。検査の結果により、医師の判断で治療に専念した方が良いとなった場合は、入院して回復に努めるべきです。回復へ向かうには、前向きな考え方が可能性を高める力になります。今やがんは治らない病気ではありません。さらに、今後もっと患者さんの身体の負担を減らす治療法も開発されていくでしょうし、期待が高まります。万が一病気になってしまっても、また元気な姿で社会復帰出来るのは本当に嬉しいことです。