もし風評被害にあったらどうするべきか

風評被害とは事実とは異なることが世の中に広まり、そのことが原因で損失を被ることです。常識的に考えますと実際とは違うことで損な状況に陥るのですから納得できなどころではなく怒りさえ起こってきて当然です。このように風評被害は理不尽なことですが、「自分とは関係ない」と思っている人が多いのも事実です。しかし、「災いは忘れたころにやってくる」のことわざどおり全く心当たりがないにも関わらず風評被害の当事者になることもあるのが今の時代です。その理由はネット社会であるからです。ニュースなど子供の問題が報じられることがありますが、その背景にSNSの存在があります。例えば、今の中高生の間で圧倒的な人気を持っているLineなどであらぬことを広められたりすることがあります。では、風評被害にあってしまったときはどうするか検証していきます。

「人の口に戸は立てられぬ」と昔から言われていました

結局、他人が言うことを止めることはできません。理由は簡単で自分ではないからです。他人の行動を自分が変えることなどできるはずもありません。ですから、風評被害が起きないようにすることは不可能です。しかし、中にはできるだけ目立たずひっそりと暮らしていれば「風評被害の当事者になることはない」と言う人もいるかもしれません。確かに、この指摘には一理はありそうですが、現実の世界では無理があります。人間が生きるということは他人と関わることで、その最中に必ず他人に不快な思いをさせることはあるものです。なにも哲学的なことを言っているのではありません。人間が生きていく営みの中には他人を全く傷つけずに済むことがあり得ないからです。また、中には嫉妬の対象になることもあります。これなどは自分に全く非がないのですから仕方ない面もあります。

最終的にはきちんと誠実に説明するのがベストです。

これまで説明してきましたように、風評被害は誰でも遭う機会はあります。そうしたときに大切なことはきちんと対応することです。「きちんと対応」とは事実を嘘偽りなく伝えることです。昔の日本人は「あ、うん」の呼吸を好む傾向がありましたから、いちいちわざわざ弁解をする必要なないと思っている人もいます。
しかし、今の時代はそれは正しい対応ではありません。きちんと説明をすることなしに風評被害から逃れることはできないと肝に銘ずるべきです。企業なら広報がきちんと会見を開き、マスコミの質問に誠実に答えることが大切です。ですから、企業においては風評被害に対しては広報が大きな役割を担っています。そのことをしっかりと認識していることが経営者にとっては重要です。その認識のない人が企業のトップに就いているならその企業は風評被害で倒産することもあり得ると考えるべきです。

最近では、金融機関の融資でもネット上の書き込みをチェックし、判断材料に加えると言われています。 ブログ、掲示板での誹謗中傷からお客様のサイトのブランディングを守ります。 ネガティブサイトを見せないようにしたい、逆SEO対策が必要なお客様へ。 掲示板に悪評を書き込まれた、ブログで嫌がらせを受けたなどございましたら、まずはご相談ください。 風評被害のご相談なら実績多数のシエンプレへ